2023年より順次サービス開始

植物工場自動化ソリューション
「HarvestX」

SCROLL

サービス概要

植物工場でのイチゴの生産過程において、「植物の管理」「授粉」「収穫」の自動化を行い、安定生産を実現します。

“サービス概要”

“開発ロードマップ”

導入メリット

ミツバチよりも高い授粉成功率、工場の衛生環境を整備

ロボットによって、精度の高い授粉を実現。多少の環境変化でさえ授粉の精度に影響が出るハチと比較し、27.8%も授粉精度が高く、奇形果の発生を軽減。また、ハチの死骸放置による病害リスクや、作業者がハチに刺されるなどの労災リスクも防ぎ、衛生環境を整備します。

ロボットで収集したデータをもとに、苗の状態の分析や収量予測を自動化

工場内のあらゆるデータをロボットが収集し、苗の状態の分析や収量予測を自動化。システムですべての苗を個体管理することで、正確な収穫日や収穫量を予測可能にします。また、手入れすべき場所の事前特定により、工数の削減や病害虫の早期検出にもつなげます。

データに基づいた栽培とロボット授粉により、収穫量を安定的に向上

工場内の環境や生育のモニタリングによって得られたデータをもとに、最適な栽培環境の制御と生育予測を行うことが可能です。さらに、高精度な自動授粉技術が加わることで、商品となる果実の収穫量を向上させます。

授粉・収穫作業を省力・自動化し、生産コストを大幅に削減

これまで人の手によって行われていた収穫作業をすべて自動化。また、作業者の入れ替わりにより求められる教育コストも抑えられるため、収穫過程における人件費の大幅に削減します。また、将来的に栽培支援機能も順次追加し、自動栽培を実現します。

植物工場用ロボット XV3

XV3はイチゴ植物工場向け自動化ソリューションHarvestXの中心となるロボットです。

高い拡張性

XV3は植物工場内を自動運転で走行するXV3 Cartと、データ収集用のセンサーや作業用ロボットアームを搭載したXV3 Unitの2つで構成されています。
植物工場の棚の段数に合わせて1-5段で自由に高さを選択することができ、行いたい作業に応じてUnitを入れ替えることでさまざまなニーズに対応します。
また将来的な機能のアップデート対応しており、ハードウェアを大規模に入れ替えることなく植物工場内のロボットを進化させて自動化を進めることができます。

XV3 主要諸元